看護部紹介ページ
メインメニュー

センパイからのMessage

2013年のMessage

5病棟 看護師

12月のMessage

Q1.私の勤務部署を紹介します。

 5病棟は心血管センター(循環器科・心臓血管外科)を中心とした混合病棟です。
検査入院、カテーテル治療、心臓血管外科手術、生活習慣病の教育など多岐にわたった看護を行っています。また地域の方々を中心に、院外では市民公開講座を開催し、疾患に対する知識・治療・予防の講習会を行っています。
私たちの病棟は、めまぐるしい医療現場の中でも笑顔を絶やさず、スタッフ同士が相手を思いあえる素敵な職場で、私はこのことを誇りに思っています。
 

Q2.看護師になってよかったなぁと思う点は? 

 看護という職業を通して多くの人に出会え、深めた知識を看護として提供することで、自分自身が人として成長していけることです。

 

Q3.後輩スタッフへメッセージ!!

 患者さんにとって必要な看護を日々考えて実践するには、多くの悩みや不安があります。しかしそれは看護を重ねるごとにいつか楽しさにかわっていけるのではないかと思います。
患者さんのハートを癒すという天使の仕事であることを胸に抱いて、私たちと一緒に成長していきましょう。

外来 看護師

11月のMessage

Q1.私の勤務部署を紹介します。

 私は外来所属ですが、主に放射線科業務を担当しています。
放射線科では造影検査や放射線科で行う治療、サイバーナイフ治療の看護を行っています。
検査や治療を行う患者さんは「病気のこと・検査のこと」など、沢山の不安を抱えていると思います。その中で、短時間で信頼関係を築き、安心して検査や治療に望んで頂くために、常に患者さんの目線で対応するように心がけています。検査や治療など医療は日進月歩です。看護の質が低下しないようにこれからもスタッフと一緒に研鑽していきたいと思います。
 

Q2.看護師になってよかったなぁと思う点は? 

 「人の役に立ちたい」と単純な思いで看護師になりましたが、想像以上に看護の幅は広く、そして深いんですよね。そして、嬉しいこと、悲しいことなど看護師だからこそ味わえることも沢山あります。仕事だけではなく、人としても大きく成長できるこの看護師という仕事に誇りを持っています。

 

Q3.後輩スタッフへメッセージ!!

 看護師の役割は沢山あります。その中でも「私はこれを頑張りたい」と思えるものをいずれ見つけたいです。そのためにも、日々の業務を一生懸命に取り組むことが大切だなと思っています。私も一生懸命頑張ります。皆さんも頑張ってくださいね。

2病棟 看護師

10月のMessage

Q1.私の勤務部署を紹介します。

 私のいる2病棟は消化器外科と形成外科の混合病棟です。スタッフの年齢層も厚く広く、みんな明るく楽しくチームワーク良くがんばっています。頼りになる師長や主任は、何かあった時にはいつも話を聴いてくれて応援してくれます。
たくさんのステキなスタッフや上司に支えられ、日々過ごせていることにはいつも「感謝」しています。スタッフの存在に助けられ、上司のサポートもきちんと受けられる私にとって大切でありがたく自慢の職場です。
 

Q2.看護師になってよかったなぁと思う点は? 

 患者さんの気持ちによりそえたときです。疾患によっては大事な選択を迫られる時があります。そんな時に患者さんの思いを聴いて、一緒に思っていることを整理しながら話して、患者さんなりの答えを導き出せた時に良かったなぁと思います。このようなサポートは、24時間そばにいる看護師にしかできないことだと思います。
他には、ありきたりかもしれませんが、患者さんの変化をみれることです。よくなっていくことはもちろん嬉しいことですが、そうでない時もあります。でも、いつの時もこの患者さんにとって良い看護を提供しようとスタッフで考えることは勉強になります。

 

Q3.後輩スタッフへメッセージ!!

 自分自身の心がHappyでないと相手のことを感じることができず、患者さんと向き合う力がわいてきません。幸い、当院にはリフレッシュ休暇があります。
私はこの間、リフレッシュ休暇を利用して、沖縄(宮古島、伊良部島)旅行に行ってきました。リフレッシュすることは看護をする上でとっても大事なことで、休むこと、リフレッシュすることも看護師の仕事だと思っています。自分自身をリフレッシュさせ、整えることの時間が与えてもらえる病院は、ありがたく魅力的だと思います。

4病棟 看護師

9月のMessage

Q1.私の勤務部署を紹介します。

 4病棟は整形外科疾患の患者さんが主となる病棟です。
私たちの病棟で良い習慣だなぁと思うことは、緊急入院や手術などで忙しさもある中、リハビリ担当者と連携して患者さんお一人お一人個別のリハビリ目標を設定していることです。早期回復を目指して患者さんと一緒に私たち看護師も頑張っている明るく活気にあふれた病棟です。
 

Q2.看護師になってよかったなぁと思う点は? 

 患者さんが笑顔で退院されていく姿を見たときです。

 

Q3.後輩スタッフへメッセージ!!

 看護部は新人から継続教育計画に沿って研修も充実しています。
中途採用者もフォローアップ研修がありますので安心して働けますよ。

5病棟 看護師 

8月のMessage

Q1.私の勤務部署を紹介します。

 私が所属する5病棟は、心血管センター(循環器・心臓血管外科)です。主に心臓外科(CABG・OPCAB・弁置換)急性心筋梗塞、狭心症、心不全、人工透析を必要とする急性・慢性腎不全の患者さんが多く入院されています。急性期患者が多く、日々の勤務は多忙ではありますが、患者さんへの安全・安楽な看護の提供のため、スタッフ間での協力体制を整え、スキルアップのため資格取得や研修の参加に力を入れています。

 

Q2.看護師になってよかったなぁと思う点は? 

 日々業務に終われ、看護の喜びを感じる場面も少なくなりましたが、患者さんの笑顔に出会えた時は、この仕事の喜びを感じます。 
 

Q3.後輩スタッフへメッセージ!!

 当病院は、専門職として自己研鑽のため、資格取得や研修参加へのバックアップ体制が整っています。チーム医療も活発であり、専門職としての自信やスキルを身につけることができると思います。

透析室 看護師

7月のMessage

Q1.私の勤務部署を紹介します。

 透析室では外来患者、他に治療目的で入院している患者の透析をおこなっています。
私たち透析スタッフはすべての患者さんに継続したケアの提供と安全で安心できる透析を受けて頂くように日々努力、サポートしています。
 

Q2.看護師になってよかったなぁと思う点は? 

 透析室の仕事は看護、技術面において専門的業務といえます。
透析時の患者の状況の変化、機械操作もあって気を許せない時間もありますが、透析が終わり患者さんから感謝の言葉をかけられる事はうれしくてよかったなぁと思います。
 
 

Q3.後輩スタッフへメッセージ!!

 透析室では透析の未経験の方には、透析の技術、看護の習得の為に看護師、臨床工学技士によるプリセプターが最低3ヶ月間レクチャーします。
安心して一緒にお仕事しましょう。
有給休暇の取得、子育てなどのワークライフバランスも充実しています。

 3病棟 看護師

6月のMessage

Q1.私の勤務部署を紹介します。

 3病棟は救急科・脳神経外科・放射線科・歯科口腔外科病棟です。

わたしたちは、患者さんに寄り添える看護を目指しています。
患者さんが遠慮することなく、不安や苦痛を表出しやすい温かい環境をつくるために、目配り・気配り・心配りの気持ちを大切に日々看護に携わっています。

 

Q2.看護師になってよかったなぁと思う点は? 

 責任の重い職種ですが、それ以上に『やりがいと充実感』を感じる時によかったなぁと思います。

 

Q3.後輩スタッフへメッセージ!!

 たまの休みは家事に育児に学校行事におわれ、全くと言っていいほど自分の時間がとれずに、ストレス指数はMAXに達していました。

岡病院では「ワークライフバランス」の取り組みとして、数年前から長期休暇が取れるようになり、そのことで、とてもリフレッシュできています。

最近の楽しみは、長期休暇を利用して子供たちとプチ旅行に出掛けることです。去年は宮島に行ってきました。今年は長崎です。口いっぱいに佐世保バーガーを頬張ってきたいと思います。  

 

 仕事が上手くいかずに悩んでいる方・・・ たまには肩の力を抜いてリフレッシュしてみてはいかがですか?不思議と「また、がんばろう」って気持ちになるかも知れませんよ(^ー^v)

 ICU室 看護師

5月のMessage

Q1.私の勤務部署を紹介します。

 私の勤務している部署はICU(集中治療室)です。ICUには主に大手術後の患者さんや心臓血管外科、循環器内科、救急科等のモニター観察装置、人工呼吸器等を必要とする重症な患者さんが入院しています。

重症な患者さんが多いだけに緊張感のある部署ですが、現在スタッフ15名で日々スキルアップを目指し、協力し合いながら笑顔で頑張っています。

 

Q2.看護師になってよかったなぁと思う点は? 

 この職業は日々勉強だと思っていますが、自分自身の成長に繋がり様々なやり甲斐を感じることができます。中でも看護師になってよかったことは、重症な患者さんはICUから一般病棟へ移り元気に退院していく姿を見た時、また、患者さんから感謝の言葉を言われた時、この仕事を頑張ってきてよかったなぁと心から思います。

 

Q3.後輩スタッフへメッセージ!!

 当院では教育プログラムが整っており、経験を重ねることで様々な認定看護師の資格を取得することができます。

先輩看護師も優しい方々ばかりなので、とても働きやすい職場だと思います。

しっかりとした目標を持って一緒に頑張っていきましょう。

 OP室 看護師

4月のMessage

Q1.私の勤務部署を紹介します。

私は手術室に勤務しています。当院の手術室は3部屋あり、心臓血管外科・整形外科・消化器外科・形成外科・脳外科・マキシロフェイシャルの手術を、年間約1300件行っています。術前訪問を定着化させ、患者さんの情報を収集し術中看護に繋げています。スタッフ17名、毎日チームワークを発揮し頑張っています。

 

Q2.看護師になってよかったなぁと思う点は? 

 手術は患者さんにとって入院中の最大のイベントです。その場に立ち会い、看護が出来るという事は大きな喜びです。患者さんは大変緊張し手術室に入ってきますが、手術が無事に終わり退室される時の安堵感を肌で感じる瞬間は、手術室看護師にとってもほっとする瞬間でもあります。そして、手術を終え元気な姿を病棟で見かけると大変嬉しく思い、看護のやりがいに繋がります。

 

Q3.後輩スタッフへメッセージ!!

 岡病院はカルチャースクールがあり、仕事が終った後開催されます。英会話、フラダンス、ヨガ、陶芸教室など。私は月2回英会話に参加していますが、外国の先生はもちろんコメディカルの方と接することができ楽しんでいます。

 NST専門療法士

3月のMessage

Q1.私がもっている資格はこんな資格です。

 NST専門療法士は日本静脈経腸栄養学会が認定をおこなっています。受験をするには、NST認定教育施設で40時間の実地修練と学会学術集会、教育セミナー、地方会の研究会で30単位以上の必須単位が必要になります。

 私は、栄養不良な患者や術後に創部の状態が悪い患者、嘔吐・下痢の患者、嚥下状態の悪い患者を早期に把握して、院内のNST専従者へ連絡をします。また、NSTラウンドやミーティングに参加し、看護師からみた治療経過や患者の状態、精神状態などの背景をNSTメンバーに情報提供したり、プランの提言、プラン実施時の状況共有も行っています。患者さんの食思や食欲が出るように環境整備も行います。

 

Q2.この資格を取得してよかったと思う点は? 

   「経口摂取や注入食で、小腸から栄養を上手く取り入れ自己免疫を上げることが一番望ましい」ということを再確認しました。

 試験勉強をすることで消化器系の解剖生理、手術の際の点滴の種類や注入食の種類を理解することができ、今まで以上に興味を持つことができました。

 私が勤務をしているのは整形外科病棟なので、ADLUPを図る時や術前に患者さんと関わる際「食事を摂取することがなぜ大切なのか」という事を上手く説明出来るようになりました。

 

Q3.大分岡病院の一押しポイント!

 岡病院は資格取得に理解のある病院なので、勉強や資格取得への意欲がある人には、いつでも環境を整えてくれて、援助をしてくれます。業務の一環として研修会に参加させてくれたり、費用面でも負担をしてくれました。また、資格取得に応じて評価もしてくれます。

医療リンパドレナージセラピスト上級、リンパ浮腫療法士

2月のMessage

Q1.私はこんな仕事を担当しています。

 私は大分岡病院のリンパ浮腫治療室で、主にリンパ浮腫でお悩みの方を対象に、セラピスト(療法士)として行う治療や患者さん自身が行えるセルフケアを指導しています。

 また、院内の患者さんの浮腫に対する相談などにも対応しています。

 

Q2.この業務についてよかったと思う点は? 

 実際セラピストとして仕事をするまでは、リンパ浮腫の患者さんを目にする機会がありませんでした。この資格を取ってから、全国的にたくさんの患者さんがいることを知りました。

 この複合的理学療法は薬剤を使わないため、副作用のない効果的な治療法で、私の知識や技術が患者さんに喜んでいただけた時、自然と喜びが生まれ、「やりがいのある仕事だなぁ」と感じました。また医師と連携しているので、不安なく治療にあたることができます。

 

Q3.大分岡病院の一押しポイント!

 大分岡病院は高度医療が提供できるように、職員の専門性を高めるための研修参加を応援してくれます。

 

 私が最近ハマっていることは『職員食堂♪』です。

 毎日「今日のメニューは何かな?」と考えることが楽しみになっています。

医療安全担当 看護師

1月のMessage

Q1.私はこんな仕事を担当しています。

 私は、岡病院で、医療安全管理の仕事をしています。スタッフから提出のあったインシデント・アクシデントの収集・分析、必要時は各現場のスタッフと改善策を検討してマニュアルの改訂、また毎月の委員会の開催や医療安全研修会の企画運営、その他、院内の多くのスタッフと共に医療安全に関する業務を行っています。

 

Q2.この業務についてよかったと思う点は? 

 最初は、医療安全管理者なんて、自分にできるのかなと不安でしたが、病院全体の医療安全に関する認識が高く、有事の際には周囲のスタッフの協力や上司の支えがありました。今は、1人じゃない、組織の一員として働いているという自信を持って仕事をしています。

 

Q3.大分岡病院の一押しポイント!

 とにかく、学ぶこと、資格をとることに関しては、とても協力してくれます。私も医療安全管理者として、多くの研修に行かせていただき知識を得ることができました。また業務だけでなく、季節ごとにイベントもあり楽しく過ごすことができます。

    

 みなさんも私たちと一緒に学び、遊び、お仕事をしてみませんか。